返回列表 回復 發帖

sunglassescool.asia-レイバン サングラス メンズ16053111

「父上ぇ~!!」 天を仰ぐようにして泣くケイミーの上で、その粒たちは、雲の隙間から射し込む光の柱を昇るように、ゆっくりと天へ舞い上がっていく。レイバン サングラス ミラー
「あたた、ロッソさん大丈夫ですか?」「なんとか」 地面に寝転がり息を荒げていたのは麗那と負傷していたはずのロッソだった。オークリー サングラス ケース
「いえ、」「後は、頼むよ」「・・・はい」 マーズが頷くのを満足げに見てからロジャーはもう一度、愛娘に目を向けた。オークリー サングラス レンズ交換
「ごめん、麗那ちゃん。そっとしてあげてくれないかい?」「え?」 名を呼ぼうとした麗那はキョトンとした後、もう一度見たケイミーが泣いているのに気づいた。 それからは予想するのは簡単だった。「死んでしまったんですね、ケイちゃんのお父さんは・・・」 そのストレートな言葉にユウは頷くが、でもと繋げる。「彼女は命を救うことはできなかったけど、お父さんの、ロジャーさんの心を救ったんだ」「心?」「そう、何にも屈しない気高い一人の戦士としての誇りを守ったんだ」「だけどそんな、命と比べれば・・・」 麗那の言葉にユウは違うんだと首を振る。「人には生きるために誇りというものが必要だ。例えそれが何であれ、もしそれがなくなれば、人は生きながら死んでいる、『生きた屍』となってしまう」「生きた、屍」「ケイミーさんも分かっているんだ、自分が最善の選択をしたことに。 だけど、それに心がついてきてくれない」 ユウは泣き続けるケイミーを見る目を細めた。「だから少し整理する時間をあげてもらえないかな,http://www.xhume.com/?」http://www.sunglassescool.asia ゆらゆら、ゆっくりと天へ昇る光の粒たちは、どこか嬉しそうだった。 黎明に肩を貸してもらいながら遠巻きにそれを見ていたユウはすぐ横の茂みが不自然に揺れているのに気づいた。レイバン サングラス メンズ「ん?」 するとそこから何かが飛び出してきた。 ユウも黎明も声をあげることすらできずそれを見つめた,http://xuwenjie.net/plus/view.php?aid=20149オークリー サングラス レーダー
「花嫁姿が見れなかったのが唯一の心残りかな」「父上、消えないで、消えないでください!!」 懇願するケイミーにロジャーは満面の笑みを浮かべた。オークリー サングラス 度付き
「さようなら、ケイミー」 ケイミーがその体に抱き付くと同時に、ロジャーの体は、光の粒となって舞い上がった。オークリー サングラス 度付き
「あ、ユウさん。よかった、やっとついた」 麗那は初めて横にユウがいるのに気づいたようで安堵の表情を浮かべる,http://atarimae.jp/blog/037/2010/02/post-1.html#commentsオークリー サングラス アジアンフィット
 そこで首をめぐらし、離れたところで俯くケイミーを見つけると大きく手を降り始めた。「あっ、ケイちゃ・・・」オークリー サングラス レーダー
返回列表