返回列表 回復 發帖

orobianco-sale.asia-オロビアンコ キーケース11145047

プライドが邪魔する恋 10
 沈黙。別に、いつもみたいに手を振ればいい。それだけなのだけど、どうしてもできなかった。
「先輩」「はいっ」 呼ばれて、変にうわずった声が出てしまった。六本木は生意気にも、それを笑うとオロビアンコとは
「コイケンの人達、皆良いだから、隠す事ないと思いますよ」 優しい声だった。私は皆の顔を思い出す。
「そうかもね」 あんなに私の為に必死になってくれた仲間だもの。つまらない意地とか見栄なんて、必要ないのかもしれない。オロビアンコ 名古屋
 色々あったから、少しハイになってるのかも知れない。「お姉ちゃん、明日調理実習でしょ。何か持って帰って来てね」 枕を並べる妹がそう言った。こいつは人の調理実習の日だけは、いつもチャッカリ把握している。「はいはい」 貧乏人の知恵なんだろうか、少し哀しくなった。 そうか、明日は焼菓子だったはず。じゃ、それを持って、六本木にお礼に行けばいいんだ。 いつもはかったるい授業も、こうなると待ち遠しい。 私は渡した時の六本木の顔を想像しながら、眠りについた。 焼菓子は意外に苦戦した。元々今までまともに調理実習に参加してこなかったのが、つけの様に事如く失敗した。 いつもは仲の悪い女子達も、ようやく私のひたむきさに感銘を受けたのか、途中手伝ってもらい、何とか数個マドレーヌとカップケーキが完成した。 気がつけば、髪は粉だらけ、腕のあちこちに火傷で酷い有様だ。 それでも、私は満足だった。 これで喜ばなかったり、あまつさえマズいなんて言ったら、承知しないんだから。 私は六本木のリアクションを楽しみに、放課後、写真部に向かった。http://www.orobianco-sale.asia「じゃ、僕、行きます」 六本木は私の右手を両手で包み込んだ。 しっかりと私を見つめる。 何か言わなきゃ。私から言うのは癪だけど、何か……。オロビアンコ キーケース「さよなら」 六本木は呟くように先に言った。 そして、まだ何も言えない私の手を離すと、自転車に乗りこんだ。オロビアンコ 時計 ドキドキに茫然とする私を振り返り。「僕、先輩の毅然とした所、好きでした」「六本木」 そしてペダルを勢いよく踏み込むと、風の様に夜の中へ消えて行ってしまった。オロビアンコ 時計「あ」 見えなくなってから、ちゃんとお礼が言えてないのに気がついた。 そう、私はお礼が言いたかったんだ……たぶん。「ま、いつでも言えるか。明日も学校あるんだし」 私は一つ息を吐くと、家に戻って行った。 布団に潜ってからも、何故か七瀬の一件より、六本木の事ばかり考えてた。
Related articles:

  
   http://www.rottweilerworld.com/forum/showthread.php?p=190276#post190276
  
   http://paginadeamigos.com.br/index.php?p=blogs/viewstory/397478
  
   http://my.734399.com/space.php?uid=62483&do=blog&id=1358142
返回列表